ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手

ストレスと戦うタクシードライバーに勝ち目はあるか

更新日:

しなければならない

人生にはストレスが付きものです。恐らく、全くストレスがないという人は、ごく稀か、それともストレスがあってもそう認めたくないだけかもしれません。
タクシードライバーにももちろん、ストレスはあります。
まず、これはタクシードライバーに限ったことではありませんが、車を走らせているドライバーは皆、交通事故のリスクを負っています。交通事故を回避するには安全運転を心掛け、交通ルール、交通マナーを守らなければいけません。常にです。これがストレスになったりします。
また、タクシードライバーは接客業でもあります。お客さんには快適に過ごしてもらわなければいけません。神経を使うので、これがストレスになるという人もいるでしょう。お客さんの中には横柄な態度でドライバーに対して無礼な言動をする人もいます。そんなお客さんばかりではありませんが、たまにでもそんなお客さんがいると、やはりストレスになります。

不安で焦る

タクシードライバーの仕事は歩合制でもあります。これがストレスになるという人もいるはずです。なかなかお客さんを乗せることができず、今月は収入が減るかもという不安が増すと、焦ったりもしますから。
いろいろなストレスがあり得るタクシードライバーですが、ストレスのためすぎは禁物です。ストレスをためすぎて体調不良になると、乗務に差し支えますし、ストレスをためてイライラし始めると、安全運転に必要な冷静な判断力も失ってしまいます。
タクシードライバーに限ったことではありませんが、やはりストレスは適度に発散させていくしかありません。ちなみに今はSNSでいつでもどこでも好き放題に言いたいことを発信できます。悪口雑言を吐きだすと、ストレスも発散できるかもしれません。だからと言って、SNSで誰かへの悪口雑言を発信するのは道義的、社会的に良くないのでやめておきましょう。
休憩時間に本を読むとかゲームをするとか、余裕のあるときは好物の食べ物を食べるとか、仕事の合間にでも何か楽しみを見つけ、なるべくストレスをため過ぎないようにするのが賢明です。

-タクシー運転手
-, , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.