ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

息子のためならエンヤ~コ~ラ

更新日:

シンママ向きの仕事かも

私はシングルマザーでトラック運転手をしています。
子どもができる前から運送会社で働いていて、それまでは長距離の仕事もしていたのですが、育休からの復帰後は近場の仕事に変えてもらって、保育園に迎えに行く時間を確保しています。
同僚に女性ドライバーもいて、職場としては育児にも理解があって助かっています。比較的近くに両親が住んでいるのも幸運だったと思います。
中には、そもそもシングルマザーであることをよく思っていない人もいますが、どんな考え方も人それぞれ。私はただ、子どもを育て、なおかつ自分が幸せになれる道を進むだけです。
子どもは男の子で、来年から小学校に上がります。たまに職場に連れて行き、ママの仕事を説明することもあります。職場のオジサンたちもこの子を可愛がってくれるので、そんなオジサンたちに憧れるようになったのか「トラック運転手になりたい」と言い出しています。

止まらない、暴走!

有名なドウェイン・ジョンソンというアクション・スターの主演作に「オーバードライヴ」という作品があります。
元トラック運転手で今は運送会社の社長をしている主人公が、麻薬がらみで逮捕された息子を救うために麻薬組織に潜入するという、実話を基にした映画です。
トラック運転手の映画ってことで社内で話題になったので、DVDをレンタルして見てみたわけです。
正直、麻薬がどうとかいう部分は日本と違いすぎて驚くばかりだったのですが「息子を守るために命を懸ける」という主人公の心情や行動は胸に響き過ぎて、思わず成長して青年になった我が息子を勝手に主人公の息子に投影し、号泣しながら見てしまいました。
トラック運転手は底辺職だとさげすむ人もいますし、私や息子の行く先にも逆風はいくらでも吹くでしょう。でも、私はどんなことがあっても負けません。あきらめません。

-トラックドライバー
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.