ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談 物流業界

よく見る求人「コンビニ・ルート配達」

更新日:

大手コンビニ配送なら安心?

友人がコンビニに冷凍品を運ぶルート配送のドライバーをしていました。
冬は寒くてとにかく積み下ろしが辛いのですが、運ぶ荷物は基本的に重たいものはなかったそうです。
ただ、大手のコンビニの名前が入ったトラックを運転するとはいえ、自分の所属する運送会社が優良企業とは限らないのが注意するポイントです。やはりコンビニ名の入った車を運転する以上、運転のマナーや、納品の際の決まりを厳しく守る必要があります。給与や休みも運送会社によって決まりますが、比較的待遇は良いそうです。

運転技術とコミュニケーション能力

ルート配送ドライバーだから運転ができれば誰でもできると思ったら、求められるのは実は運送会社の人や、コンビニのオーナーたちとうまくやれることという話を聞きます。
もちろん、勤務時間のほとんどは運転している時間ですし、事故無く、大切な荷物を慎重に運ぶことが大切です。
しかし、配送先のコンビニではまず最初に自分から挨拶し、気持ちよくコミュニケーションをとることなどが求められます。また、勤務先の配送会社にあるかもしれない数多くのルールを理解し、会社の上司とうまく付き合っていくことも当然必要です。

ルート配送なので慣れれば比較的楽な仕事

よく求人広告で見ることのある大手コンビニのルート配送ドライバーは、所属する運送会社によっては給与や待遇が良く、休みも取りやすいなどのメリットがあるようです。
いつも同じルートを走るので運転もやっているうちに慣れるでしょうし、毎回会うコンビニのオーナーや従業員との人間関係も少しずつスムーズになってくるでしょう。それまでの間、運送会社のシステムに従って安全運転と決まりを厳守し、信頼を築いていくことが必要です。
どんな仕事でも言えることですが、仕事の技術とともにドライバー業もある程度のコミュニケーション力は求められるのです。

-トラックドライバー, 体験談, 物流業界
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.