ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

強さと優しさを兼ね備えたトラックドライバー

更新日:

筋肉がつく

トラックドライバーは体力仕事と言われている。
トラックの運転はあまり筋力を使わないが、トラックドライバーの仕事をすると疲れるのも確か。つまり、体力を消耗している。
また、筋力をよく使うトラックドライバーの仕事もある。宅配便のドライバーは、重い荷を運ぶことはあまりないが、軽くてもトラックの荷台から届け先まで持ち運ばなければいけないので、勤務時間にたくさん運ぶとそれだけ筋力も使い、疲れる。
それなりに重い荷を手作業で積み下ろししなければいけない仕事を行うトラックドライバーもいる。これはマジで大変。
トラックドライバーの仕事をしていると、次第に筋肉が付いてくるというのも、あながちウソではないようだ。

経費削減の味方

その一方、トラックドライバーの仕事には繊細さも求められる。運ぶ荷を傷つけたり、壊したりしてはいけないからだ。
急発進や急ブレーキ、急な加速と減速、急なハンドル操作を避け、じっくり、ゆっくりトラックを運転しなければいけない。同時に、納品時間に間に合うように力強くアクセルを踏み込み、周囲の車の流れに乗ってトラックを進めつつ、荷が破損しないよう、おだやかで優しいハンドル操作をしなければいけない。
この運転によって荷を安全に運ぶと、もれなく燃費向上、それによる燃料経費の削減にも結び付くのだからうれしくて言葉もない。
そんな強さ優しさを備えた人こそ、真のトラックドライバーなのかもしれない。

-トラックドライバー
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.