ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手 物流業界

がんばれ! ロボタクシー

更新日:

ものすごい

ロボタクシーの実用化への取り組みに歯止めがかからないそうです。これはある意味、良いことです。
ロボタクシーとは、完全にAIが運転し、人間のドライバーが乗らずに公道を走るタクシーのことです。つまり自動運転システム搭載タクシーのことですね。タクシードライバーのなり手が減っているので、人がいなくてもタクシーが走ってくれるように開発されているわけです。少子高齢化に歯止めがかからず、どの業界でも人手不足が続いているので、これも仕方ないことかもしれません。
しかし、人が運転しなくても安全に目的地までお客さんを届けてくれるとしたら、技術的に「ものすごいこと」のように思えます。
そして、そんな「ものすごい」技術のたまものがロボタクシーなのだとしたら、利用料金もものすごく高額になるのじゃないかと思ってしまいます。研究開発にも随分お金がかかっているはずですから、利用料を高くしないと「モトが取れない」ですから。

ものの道理

しかし、実際は現在の「人が運転するタクシー」に比べるとロボタクシーのほうが安価に走らせられるそうです。なぜかと言うと、今のタクシー料金のほとんどが人件費、すなわちタクシードライバーの給与なので、タクシー利用料が高くなってしまっていて、この人件費がなくなれば、その分、安くできるのだそうです。
道理と言えば道理です。
タクシーに安く乗れると思うと、一般庶民にとっては何だかありがたいようにも思えます。しかし、本当にそうでしょうか。
この「とにかく人件費を省けばいい」「人件費をなるべく削ろう」という考えが、そもそもタクシー業界をはじめとしたいろいろな業界の人手不足を増長したのではないでしょうか。給料をアップすれば、そもそもタクシードライバーも人手不足にならなかったかもしれません。
それに、そういう「何でも人件費を削ればなんとかなる」という考えが、日本全体の貧困化を進めているようにも思えます。
僕は歩合制っていうのは、日本人にとっての大事な大事な精神のシステムだと思っているんで、タクシードライバーは歩合制によってこれからもドンドン稼ぐべきだという気がするんですよ。

-タクシー運転手, 物流業界
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.