ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

ブラック企業を避ける方法

投稿日:

せっかく素敵な仕事なのに

トラック運転手は「労働環境が劣悪」「労働時間が長い」「給料が少ない」「キツイ」「汚い」などのマイナス・イメージが強く、長年人手不足になっています。
しかし、そのイメージは間違っています。実際は労働環境の改善が進み、やればやるだけ稼げる職業です。トラック運転手の年収の全国平均は約400万円とも言われています。これなら普通のサラリーマンと大差ありません。大型トラックで長距離を行く運転手であれば、年収約700万円なんて人もいます。
「労働環境が劣悪」「労働時間が長い」「給料が少ない」「キツイ」「汚い」なんて職業は、もう“ブラック企業”と言っていいでしょう。ただ、たくさんある運送会社の中には、そういうブラック企業もあります。あるんです。それも事実です。
でも、そんな会社ばかりではありません。それに、価値観は人によって違うので、誰かにとっては不満だらけの会社でも、ほかの誰かにとっては、夢のように働きやすい会社かもしれません。

私はコレで会社に入りました

トラック運転手はやればやるだけ稼げて、年収約700万円も夢ではない素晴らしい職業です。そんな職業に憧れてトラック運転手になったものの、その会社が「自分に合わない会社」だったら、それは不幸です。
もちろん、就職先の会社が自分に合うかどうかは、実際に働き始めないと分かりません。でも、ある程度予測することはできるはずです。我々の想像力を超えて科学が発達した今なりゃこそ。
まずはインターネットでいろいろ調べましょう。住んでいる地域にある運送会社の情報、口コミなどは意外とネットで拾えたりします。
それから就職先を探すときは、ドライバー専門の求人サイトを利用しましょう。情報が具体的でかつ細かいです。それも求職者にとって「かゆいところに手が届く」書き方なので、とっても便利。
かくいう私も、ドライバー専門の求人サイトで今の会社を見つけました。それまで何回か転職しましたが、そのおかげでようやく理想の職場と出合うことができたのです。

-トラックドライバー, 物流業界
-, , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.