ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手

乗ってみよう! ジャパンタクシー

更新日:

タクシーだけどトールワゴン

ジャパンタクシーをご存知だろうか。2017年10月に販売が開始された、トヨタ自動車開発のタクシー専用車だ。同社の小型ミニバン「シエンタ」をベースにしていて、ミニバンに近い低床・高天井で、国土交通省が定める「ユニバーサルデザインタクシー」の設定要件を満たしていると謳っている。
街で見掛けることも多くなってきたのじゃなかろうか。そう、あの「タクシーみたいだけどトールワゴン?」、または「トールワゴンだけどタクシーみたい」と思っていたのが、ジャパンタクシー。
「タクシーって小型、中型、大型には分かれているけど、基本的にはどれも同じ車種じゃないの?」と思っていたとしたら、認識を改めよう。イギリスにロンドンタクシーってのがあって、車高が高く、このジャパンタクシーも見た目はちょっとそれに似た感じになっている。個人的にはオシャレだと思うんだけど、その評価は人それぞれかも。
ただ、販売開始から1年。機能や乗り心地については、ぼちぼちいろいろな声が上がってきているようだ。

さて、その乗り心地は

まず、やはりトールワゴンならではの車内の広さは評判が良い。他にも、サイドガラスが大きいことでの景色の見やすさ、ゴルフバッグ4つが入る荷室スペースの広さ、車内温度の自動調節の便利さなどが、高評価のポイントになっている。
もちろん、厳しい意見もある。車椅子を左ドアからしか乗降できないし、車椅子を乗せた後、ドライバーが人力だけで向きを変えなければいけないなど、ユニバーサルデザインなのに、高齢者、障がい者の乗りやすさが意外と行き届いていない、といった声だ。
ものごとには理由がある。車椅子の乗降はバックドアを使うのが一般的だが、ジャパンタクシーはエンジンの位置の関係でそれができないようだ。
だが、こう考えたらどうだろう。今のジャパンタクシーはまだ過渡期の仕様であり、今後進化していくに違いないと。一応、2020年の東京オリンピックに向けて開発されたタクシーらしいが、日本は何も2020年で終わってしまうわけじゃない。
タクシー業界を含むドライバー業界は高齢化が進み、人材不足が問題になってはいるが、トラックもタクシーも、ダンプだって女性ドライバーが増えていると聞く。あるタクシー会社では、早稲田、慶応なども含む新卒者が毎年入社しているそうだ。
タクシー業界も変化、進化していくだろう。次のジャパンタクシーを生み出すのは、女性を含む若手ドライバーたちの声かもしれない。

-タクシー運転手
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.