ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

体験談

大型トラックのドライバーをしてみた結果

更新日:

大型トラックのドライバーでよかったこと

大型トラックのドライバーの仕事は非常にやりがいのある仕事です。私は以前、土木工事の現場で土砂を運ぶ大型トラックのドライバーの仕事をしておりました。
仕事としては非常にやりがいのある仕事で、私が土砂を運ぶことで物が作られていくといった実感を味わうことができました。もちろん、多くの人がその仕事に携わってこそ物が作られていくのですが、物を作る楽しさを一緒になって味わえるのが大型トラックのドライバーの醍醐味でもあります。もちろん雨の日など作業が大変なときもあります。それでも私自身運転が好きであったため非常に楽しく仕事ができました。時には残業のときもありましたがそれでも楽しく仕事ができたと思います。

大型トラックのドライバーとして大変だったこと

大型トラックは非常に大きいため小回りがきかないのが欠点です。そのため大きな道を使うのですが、現場によっては狭い道を行かなければなりません。その場合、細心の注意をはらって運転しておりました。大型トラックのドライバーとして運転免許を持っている以上、事故などは起こさないというのが私のポリシーでした。そのためどんなに狭い道でも安全運転を行っており、神経が多少磨り減っていたのが大変な部分でありました。また渋滞に巻き込まれて現場に到着するのが遅れることもたまにありました。
そういった場合でも焦って運転してはだめだと自分に言い聞かせて、最大限安全運転に心がけました。大型トラックでの事故をたまに拝見しますが、非常に悲惨な事故につながる可能性が高いと思っております。事故を起こさないためにも自分なりに安全運転を心がけることは必須であり、その気持ちを維持することが運転をする上でとても大変な部分でもあったと思います。

大型トラックのドライバーはお勧めです

車の運転が好きな人にとっては大型トラックの運転は非常に魅力的なものと思います。一方で安全運転ができない人には向いていない職業でもあります。大きな車を動かすということはその分、車の運転に対して責任があるということです。渋滞で焦ったりするような人には向いていない仕事です。自分で自分をコントロールできることが必要不可欠だと考えております。そのように自分をコントロールでき、物を作ることに対して興味がある人はぜひ大型トラックの免許を取得して運転してみてください。世界が必ず開けて見えてくるはずです。

-体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.