ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

体験談

大型トラックのドライバーである友人の仕事内容と大変だったこと

更新日:

大型トラックのドライバーである友人が日々心がけていたこと

友人は大手のトラック会社で荷物を届ける仕事をしておりました。1日数多くの荷物を各家庭に届ける仕事であったため、配達時間や家がある場所について常にシビアに考えていたと聞きます。配達時間に関してはある一定の幅があるのですがそれでも午前中に効率よくお届けするためにはどういった手順で家を回るべきか常に考えていたそうです。また各家を回るにしても道が狭い場所もありそういった場所に荷物を届けるためにどのあたりにトラックをとめるべきかなどドライバーとして常に考えていたそうです。そういった責任感の元で仕事をしていたこともあり、彼自身かなり地理に詳しくなったとのことでした。

大型トラックのドライバーである友人が経験したトラブル

彼の仕事は大型トラックのドライバーとして荷物の配達することであり、お客さんの指定する時間帯に荷物を届けるのですが、お客さんにもさまざまな方がいたそうです。例えば時間指定があるにも関わらず自宅にいなかったお客さんや、時間指定には幅があるにもかかわらず最優先で持ってきて欲しいと要望されるお客さんなどさまざまだったようです。そして中には時間指定をしてきたにも関わらずお客さんが時間を間違えていて、お届けしたときに非常に怒り出したお客さんがいたのです。お客さんが指定してきたのは夕方以降の時間だったのですが、お客さんは勘違いしていて午前中に指定したとのことでした。そして荷物が届かなかったため怒って電話してきたのです。そして彼はすぐさま荷物を持って行き、ひたすら謝ったそうなのですが、どんなに理不尽なことでもお客さんであるということから彼は反論しなかったそうです。

大型トラックのドライバーとして働く上での心構え

大型トラックで荷物を運ぶということは大切な仕事です。運ぶ人がいなければ荷物は届きません。荷物が届くことを待っている人がいる以上、トラックのドライバーは責任を持って荷物を運ぶのです。もちろん、お客さんの中にはいろいろな方がおられます。どんなに理不尽なことがあっても怒らないドライバーであることが重要なんだと私は思いました。お客さんである以上、そのお客さんがあってこそのトラックのドライバーとして仕事をいただいているのだと彼は言っております。私はそんな彼の仕事に対する姿勢、心構えに非常に感銘を受けました。

-体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.