ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

トラック運転手の悪いイメージは妄想?

更新日:

イライラ

トラック運転手という仕事は、どうも世間のイメージが悪いようです。
その悪いイメージというのは「荒くれ者」だの「頭が悪い」だの「運転が乱暴」だのといったことです。
私は仕事柄、多くの運送会社と付き合いがあり、多くのトラック運転手を知っていますが、どうもこういった「悪いイメージ」には違和感を拭えません。
そもそも「荒くれ者」というのも、あまりにも「イメージ」過ぎていささかピンときません。
まるで「スピード感」という言葉のようです。「スピード感を持って対処する」と言われても「実際、早く対処するのかしないのか、どっち?」イライラしてしまうのと似ています。
「荒くれ者」と言われてもあいさつもていねいですし、荷もていねいに扱いますし、そもそも荷が傷まないよう、運転もとても慎重です。

空想の産物

「頭が悪い」というのも、何だかピンときません。
荷を安全かつ効率的に届け先に届けるには、やはりいろいろ頭を使う必要があります。私が知っているトラック運転手たちは皆さん、プロフェッショナルらしい、完璧な仕事振りです。とても「頭が悪い」ようには見えません。
そんなトラック運転手の中には中卒、高卒の人もいますが、頭が良いかどうかは学歴だけでは判断できませんからね。学歴で判断できるのはせいぜい学力くらいですし、学力があっても進学を選ばなかった人だっているでしょう。
ただ、ネットで検索すると、本当に運転や言動が荒っぽいトラック運転手に会ってしまった人のコメントも見受けられます。悪いイメージ通りのトラック運転手は空想上の産物ではなさそうですが、それでも私にはどうしても現実味がないように思えて仕方ないのでございます。

-トラックドライバー, 物流業界
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.