ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

サミヨミチカラコネクションのオーケー

更新日:

事故や渋滞を回避

職業ドライバーに限らず、ハンドルを握っていて道路状況の先を読むことは大切だ。
トラックドライバーは車高が高く、運転席の位置も普通自動車より高くなっているので、普通自動車の運転手よりも遠くまで見渡せる。そのため、道路状況の先を読む上でもトラックドライバーはとても有利だ。
とは言え、ただ有利だからと言って、何もしなければ何にもならない。先を読む力を最大限に発揮しなければ、運転席の高さも何の意味も持たない。
道路状況の先を読むことは、事故の回避につながるだけではなく、渋滞の回避にも有効だ。道路状況の先を読み、効率的に路線変更を行えば、車の流れが滞らずにスムーズになっていくかもしれないからだ。
そして「先を読む」ということは、ただ空いているからといってその路線に入っていくことでもない。その先では道路は2股に分かれていて、自分は右に行くとなれば、その2股で右に行きやすいところを走り続けたほうが良い場合もある。

より良くなるかもしれない

こういう「先を読む力」を最大限に使うトラックドライバーが多ければ多いほど、渋滞も事故も回避できる可能性が上がるのではないだろうか。
自分のトラックはこの先でこっちに行くからという先読みだけではなく、お互いにあのトラックはこういう動きをするかもしれない、このトラックはこう行くかもしれないと先を読む。トラックだけではなく、普通自動車やバイクの動きも読めるようになれば、歩行者や自転車の動きも読めるようになる。
あの見通しの悪い交差点は信号がないが、自転車が左から侵入してくるかもしれないという「かもしれない運転」「先を読む力」はとても有効に働くに違いない。

-トラックドライバー
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.