ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

梅雨の恐怖

更新日:

雨と槍

トラック運転手の仕事は人々の生活と産業を支えるものであり、雨が降るのはもちろん、槍が降っても休むことはできません。槍が降るなんてことは現実的に起こったりしませんが。
トラック運転手にとって雨は憂鬱です。雨が降ると、視界が悪くなり、路面は滑りやすくなり、安全運転にいろいろ支障が出てきます。
路面が滑りやすくなることで事故も起きやすくなります。たとえ自分が事故を免れても、どこかの車が事故を起こし、事故渋滞が発生すると厄介です。
それに、屋外で荷の積み下ろしをする場合、荷が濡れないようにひと手間加えないといけません。
渋滞だったり、荷の積み下ろしのひと手間、ふた手間の追加で、仕事の時間も長くなります。それでも配送時間を遅らすわけにはいきません。

踏んだり蹴ったり

また、勤務時間が長くなり、残業になってもブラックな会社なら残業代が出ません。「踏んだり蹴ったり」とはまさにこのこと。
そんな雨の日が長続きする梅雨の時期は、本当に「うっとうしい」のひと言です。
ただ、自分が休みの日に雨が降ったりすると「同僚はこの雨の日に仕事してんだな」と思い、その雨の日の仕事を自分は免れたことで「ラッキー」と思ってしまいます。
同僚の不幸を喜ぶ僕って「イケナイ男」なのでしょうか。

-トラックドライバー
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.