ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手

タクシードライバーに向いていない人とは

更新日:

不向き

タクシードライバーはお客さんを安全に、快適に、迅速に目的地まで運ばなければいけません。
「快適」「迅速」も大切ですが、何よりも重視しなければいけないのは「安全」です。
安全とはつまり安全運転です。そのためにていねいでおだやかな運転をしなければいけないのです。つまり、何によらず、ていねいな仕事をできない人には無理だと言えるでしょう。
もちろん、それだけではありません。
タクシードライバーは常に安全運転を忘れてはいけませんから、感情に流され、焦ったり、怒ったりする人には向きません。どんなときも冷静に判断できる人ではないといけません。
また、第二種運転免許の取得や社内研修など、学ぶことが多いのもタクシードライバーです。地道に学ぶ姿勢がなければ、タクシードライバーになることは難しいでしょう。

好き嫌い

タクシードライバーは人手不足が続き、そのためタクシードライバーになる場合のハードルは低くなっています。
とは言え、そんなに簡単になれるものでもないようです。それはどの職業にも、それぞれの人に向き不向きがあるからです。
しかし、その一方で「慣れ」というものもあります。タクシードライバーの仕事は専門的な知識や専門的な技術を必要とする専門職で、その専門的な知識や専門的な技術を得ることに向いている人のほうが、タクシードライバーになりやすいのは確かです。でも、「どうしてもなりたい」という強い気持ちがあり、続けて行けば、不向きなことにも「慣れ」ていき、できるようになるかもしれません。
大切なのは「好き」「嫌い」か、つまり「やりたい」かどうかかもしれません。

-タクシー運転手
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.