ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

未分類

何としてでも避けたい交通事故

更新日:

人が事故を起こす

大昔から気をつけているのに、発生の根絶に努めているはずなのに無くならいのが交通事故です。
物事にはすべてメリットデメリットがあります。「良い面」「悪い面」がありますが、交通事故の「良い面」、メリットなんて思い浮かびはしません。
交通事故が起きれば、ものが壊れます。仕事中なら仕事に支障が出ます。法律違反になれば減点が付いたり、前科が付きます。
人も傷を負います。ひどければ入院することになります。最悪、人命にも関わります。
人やものを傷つければお金もかかります。
傷は肉体だけではなく、精神面にもつきます。
でしょ、デメリットばかりでしょ。
自ら交通事故を起こしたいなんて思っている人はいません。誰もが交通事故を起こしたくないと思っているのに交通事故を起こしてしまうのです。
しかし、だからこそ交通事故をなくすための取り組みが重要なのです。ちょっとした気のゆるみが、交通事故を増やしてしまう事態を招きかねないからです。

人とシステムが事故を防ぐ

交通事故は郊外よりも市街地で起こりやすくなっています。そりゃ、市街地のほうが交通量が多いのですから当然です。
ただ、それは数字だけの問題であって、市街地でも交通事故は起きています。
とにかく一番の問題は、安全運転意識を低くしてしまう気のゆるみです。誰もが交通事故を起こしたいとは思わないはずですが、「交通事故を起こしたい」と思わなくとも、安全運転に対する意識がゆるんでしまうだけでも交通事故のリスクは高くなります。
気のゆるみによって車両の状態への注意を怠ったり、運転中に安全確認を怠ったり、いろいろ怠ったりしてしまいます。これは危険です。
しかも、人は必ずミスをします。気がゆるみます。
そんな人間の欠点を補うのが、機械のはずです。
今は自動ブレーキシステムの開発も進んでいます。また、自動運転システムが普及すれば、車が正確に安全に運転してくれることでしょう。

-未分類
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.