ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手 体験談

過去を逃れ

更新日:

再会

タクシーにはいろいろなお客さんが乗ってきます。
大企業の社長、中小企業の社長、一流企業の営業マン、お上品そうな高齢者、女子高生のグループ、杖を持った母親らしき女性とその息子さんらしき中高年男性、年齢も性別も不詳な人、たまに芸能人とか、本当にさまざまです。
ただ、長年この仕事をしていても、意外と知り合いは乗ってきません。不思議なものです。
ところが先日、まさかの元カノが僕のタクシーに乗ってきました。
彼女とは5年くらい前まで付き合っていました。5年も経つと変わるもので、髪型も変わり、見慣れない服だったので、ずいぶんと違う印象になっていました。
でも、自分でもびっくりしたのですが、すぐそれが彼女だと気がつきました。やはり男のほうが未練がましいんですかねえ。

未練

乗せたのは15分くらいでしたが、彼女はずっとタブレットを操作していて、よもやタクシーを運転しているのが僕だと気づいた様子はありませんでした。彼女と付き合ってたころ、僕は美容師でしたから。
よほど、話しかけてみようかとも思いました。しかし、それではますます未練がましいようで、それを躊躇しました。
彼女との別れは特別ドラマチックだったわけじゃないので「あれ、久しぶり。何してた?」なんて軽い再会も、決して不自然ではなかったのですが。
タクシー運転手は世間的にイメージは高くありません。それで「落ちぶれた」と思われるのが嫌だった、わけではありません。
むしろ、僕のほうが彼女との思い出を、そっとそのままにしておきたかったのだと思います。‥やはり未練がましいですかね。

-タクシー運転手, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.