ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手 体験談

僕がタクシー運転手になった理由

更新日:

神の啓示?

僕は昨年、大学を卒業してタクシー運転手になった。
友人知人からは「なぜ?」とか「わざわざそこそこの大学を出たのに、どうしてタクシー運転手になんかなったの?」と、よく聞かれる。全く余計なお世話なんだけど、僕はその都度「将来性を見込んで」とか「高校時代の恩師に勧められ」とか「神の啓示」とか適当に返している。
僕自身も友達に、どこそこに就職すると聞いて、わざわざその理由を聞いたりしない。分別のある人間ならそんなことは聞かないものだ。
僕がタクシー運転手になったのは、その選択が最良だと思ったからだ。でもこれは完全に個人的な理由なので、万人に当てはまるわけではない。
簡単に言うと「僕はタクシー運転手に向いているタイプだった」。それだけのことだ。

理由はいろいろあるけれど

まず、僕は運転が好きだった。免許取得可能な年齢になるとすぐに免許を取得し、親の車をしょっちゅう運転させてもらっていた。
お金を稼ぎたい気持ちも強かった。昔ながらの年功序列で、横並びで昇給したりするような働き方はしたくなかった。やればやっただけ稼げる仕事に就きたかったのだ。
コミュニケーションを取るのが好きだった。人と話したり、人の話を聞くのが好きだったので、接客業の仕事に興味を強く持っていた。
それに、こうした条件を踏まえた上で、きちんと正社員になりかたった。フリーランスとかではなく、ちゃんと会社の福利厚生制度を使わせてもらいたいと思っていた。
また、目の前のことに一所懸命になれる性格だと自負している。少年時代からサッカーに熱中したり、ゲームにハマったり、興味が強いことには一心不乱に打ち込んだ。
大学生のとき、就職先を考え、こういったタイプに向いている職業って何だろうと調べたらタクシー運転手だった。

-タクシー運転手, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.