ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

理由なき楽しさ

更新日:

大いなる苦痛

最近は「YouTuberになりたい」とのたまう小学生が多いと聞く。
なぜYouTuberになりたいのかと聞くと「楽そうだから」という、ミもフタもない答えが返ってくるらしい。ただ、俺にはYouTuberが「楽そう」という感覚が分からん。だって、自分の姿を毎日大勢の人目にさらすんでしょ。俺には苦痛以外の何物でもない。
だから俺はお笑い芸人や俳優だのテレビタレント、モデルとかも「信じられない」職業。
まあ、どんな職業に就きたいかという人気ランキングは時代によって違ってくるし、また、子どものときにそう思っていても、その後、歳を重ねるとなりたい職業も変わってきたりする。
ちなみに俺は子どものころ、サッカー選手になりたいと思っていた。シンプルにサッカーが好きだったんだな。
と言っても、サッカー・チームに入っていたわけじゃなく、テレビでサッカーの試合を見て面白がってただけの発想なんだけど。
そんなわけで、その後も漫画家とかプログラマーだのデザイナーだの、なりたい職業は転々と変わり、結局、トラックドライバーになった。

苦楽をともに

その理由は、これが楽しいからだ。
俺にとってトラックドライバーという仕事を端的に表すと「トラックを運転しているだけでたんまりお金をもらえる、夢のようにおいしい仕事」となる。
もちろん、実際はトラックを運転しているだけではなく、他にも荷役など、やらなきゃならない作業はいろいろある。トラックの運転そのものも長時間の緊張を強いられ、決して楽ではない。
しかし、楽しいのだ。これまたまぎれもない現実だから仕方ない。
日本のことわざに「楽あれば苦あり」というのがある。どんな仕事だって「楽」「苦」もあると思う。と言うか「苦」があるから「楽」があるのだろう。そして俺にとってトラックドライバーの「苦」は、決して耐えられないほどの「苦」じゃないわけだ。
それにしても、どうしてここまでトラックドライバーの仕事を楽しいと思えるのかは、実は俺にもよく分かっていない。

-トラックドライバー, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.