ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

真夜中のドライバー

更新日:

習うより慣れろ

私は店舗に商品を届けるトラックドライバーの仕事をしています。
商品は開店前に届けなければいけないので、トラックを運転するのは主に真夜中になります。
そう聞くと「皆が眠っている真夜中に仕事しなきゃいけないなんて、キツイなあ」と思われるかもしれません。普通なら寝静まっている真夜中にサッカー中継を視聴したり、ゲームに熱中するのは平気でも、仕事はキツイというわけです。
けど、サッカー観戦やゲームができるくらいなので、実はトラック運転だってできなくはないんです。深夜勤務に合わせて生活のリズムを変えなきゃいけませんけど。
まあ、慣れれば大したことありません。

私はムササビ

私は昔からどちらかというと夜型人間だったので、割りとすんなり夜型の生活リズムに慣れました。夜行性生物ムササビの生まれ変わりかと思うほどでした。
深夜勤務には深夜勤務なりのメリットもあります。
まず、ほとんど渋滞に出くわしません。昼間は渋滞するような道もスイスイ行けるので気持ちが良いです。
それに深夜勤務ってことで昼間は仕事していないので、普通の会社勤めでは行きにくい役所、病院などは余裕で行けます。子どもの学校の行事だって行きたい放題。
それからこれが一番のメリットですが、私の会社は深夜勤務には深夜手当があり、昼間の勤務のドライバーより給料がイイんですよ。

-トラックドライバー, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.