ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

ルート配送と長距離トラック

更新日:

毎日同じ

僕はルート配送ドライバーをしています。
ルート配送ドライバーは、スーパーやコンビ二、企業、個人宅など、毎日決められた場所にトラックで商品を配送するのが仕事です。
仕事中は横にやかましい上司もうっとおしい上司も嫌味な上司もいません。チームワークが求められるビジネスマンとは違って気ままと言えば気ままな仕事です。
とは言え、毎日同じ道だけを走り、作業もほぼ毎日同じ。いわゆるルーチンワークなので、ふと退屈に感じてしまったりもします。毎日決まったところに行かない、長距離輸送のトラック運転手のことをうらやましく思ってしまうこともあります。
そんなある夜、変な夢を見ました。

普段は行かない土地

夢の中で僕は長距離のトラック運転手をしていました。
結構な遠方へ夜中もトラックを走らせ、2~3日は家に帰れない、そんなトラック運転手でした。そして「毎日家に帰れるルート配送の仕事はいいなあ」なんて愚痴っています。
ただ、普段は行かない地方のご当地グルメを食べれて「これは長距離の仕事なりゃこそだな」なんて思っています。
それから、長距離トラックの運転手になった夢を何度か見ました。中でも鮮明に覚えているのが、新東名高速道路にあるパーキングエリアの食堂の豚味噌焼きってメニューです。濃い目の味噌ダレの記憶も、夢とは思えないほど強烈でした。

夢の記憶

さて、あるとき、親戚の葬儀に出るため、僕は妻と子どもを乗せて自家用車を運転していました。このとき、僕は初めて新東名高速道路を使いました。
夢では使い慣れていたようでしたが、現実では初だったのです。しかし、初めてのような気がしません。何となく見慣れた風景のように感じたのです。
でも「テレビで見たんだろう」と、あまり深く考えませんでした。もちろん、夢で見ていた風景と似ているとはすぐ気づきましたが、そもそもテレビで見ていたから夢で見た可能性が高いですからね。
さて、妻も子どももお腹が空いたというので、パーキングエリアに入りました。そこでフードコートに行ったのですが、何と夢で見た豚味噌焼きがあったのです。
これもテレビで見たのかなと思いつつ、僕はこの豚味噌焼きを注文しました。すると、その濃い目の味噌ダレは、まさに夢の記憶にある通りの味だったのです。
結構驚きました。

-トラックドライバー
-, , , , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.