ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

トラガールは過酷な仕事

更新日:

男の世界から

私は30代で子持ちの女トラックドライバー。いわゆるトラガール
国土交通省が「トラガール促進プロジェクト」なんてのを進め、女性トラックドライバーの増加を図っている。会社も「女性が働きやすい職場づくり」に励み始めたところもある。
けど、トラックドライバーの仕事はなかなか甘いものじゃない。さすが、長年「男の世界」だっただけのことはある。
男性の先輩ドライバーや取り引き先の担当者の中には「〇〇ちゃん」と呼んで「女の子」扱いしてくる人もいる。ある程度人間関係ができてからは「んもう!」で済むやりとりも、いきなりそうだと「はあ?」と思わなくもない。
長時間の運転では、トイレ休憩もなかなか難しい。男性なら立ちションや、ペットボトルで済ますなんてこともあるらしいけど、さすがに女性には無理。

私、失敗もするけど

そんな話をすると「女には無理な仕事」だなんて思われそう、という不安もある。
明らかなセクハラも皆無じゃない。
でも、私は負けないし、あきらめない
子どもを産むとか、女性しかできないことはあるけど、男性ができて女性にできないことなんてほぼない。「男だけの世界」だったのを変えるのは大変だけど、やってできないことはないはずだ。
「女性が働きやすい職場づくり」に励み始めた会社もあると書いたけど、私は運よくそういう会社を見つけ、就職できた。社長も若く「ブラックと言われがちな業界を何とか変えたい」と言っている。
私たちが業界を変えていく。私は失敗することもある。でも、負けないし、あきらめない。

-トラックドライバー, 物流業界
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.