ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手 体験談

タクシー運転手百景

更新日:

タクシー運転手は孤独な稼業ときたもんだ

タクシー運転手は接客業でもあるので、お客様と会話を交わしますが、それも最低限のやり取りが多いです。友達同士のような雑談は通常しません。
お客様が会話を望んでいるときは、それに応じて会話することはありますが、それもそんなに多いわけではなく、むしろ静かに過ごしたいというお客様が多いものです。
そんなわけで、多くの人と接する割りに孤独なのがタクシー運転手なのです。
けど、僕が勤めるタクシー会社は「孤独な職業だからこそ」かもしれませんが、横のつながりが結構強いです。また、会社を越えた付き合いもあります。
タクシー運転手はいろいろなお客様と接します。大企業の社長さんから若手の営業マン、水商売のお姉さんやオネエさま、芸能人、年齢不詳や職業不明な人など、本当にいろいろです。
でも、タクシー仲間にもいろいろな人がいるんです。

心霊や零細

1年に少なくとも1回は心霊体験する人がいます。この人の体験談はマジ怖いです。
テレビ番組で「まずいカレー屋さんのカレーを食べると流れが変わる」というゲン担ぎがあると知って、売り上げが伸びない日はカレーを食べに行くようになった人もいます。「まずいカレー屋」と思われていることを知らないその店の人は、新しく常連さんができたことに喜んでいるでしょう。
僕みたいな年下の人間にも「さん」づけで敬語を使う、零細企業の経営者をしていた人もいます。誰に対しても低姿勢でいることに慣れてしまっているそうです。
仲間内で話すときはボソボソと低音の小声なのに、接客のときだけハキハキと明るい声に早変わりできる人もいます。その省エネなやり方はちょっと尊敬します。
モデルみたいに美容に気を使っている人もいます。年配の男性ですが、加齢臭を抑える化粧品も使っているようです。
さてさて、今度はまた、どんなタクシー仲間と出会えるかなあ。

-タクシー運転手, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.