ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

トラック運転手として就職するときに失敗しない方法

更新日:

まずはサイトを検索

トラック運転手は長年人手不足に陥っていて、ネットで求人を検索するとたくさんの情報が出てきます。いろいろな会社がいろいろな条件で求人を提示しています。トラック運転手として働こうと思ったら、そうした求人の内容をしっかり確認して応募しましょう。
面接に行ったら自分の働きたかった内容ではなかった、または入社してみたら自分に合わなかった、なんてことになったら時間がもったいないです。ま、そうした経験からも多くのことが学べますが、やはり最初にきちんと情報を確認してから応募するのが「吉」です。「行かなきゃよかった」会社に行っているうちに、本来自分が行きたかった会社の求人が締め切られてしまうかもしれません。
ドライバーとして働きたい場合、一般的な求人サイトより、ドライバー専門の求人サイトを見ることをオススメします。ドライバー専門求人サイト専門のライターが、親切丁寧に求人原稿をまとめているので、求職者にとって大切な情報が分かりやすく書かれています。

大事な条件の確認

まず、確認してほしいのは応募条件です。トラックはその大きさによって普通免許、中型免許、大型免許と、運転に必要な免許が違ってきます。たとえば応募に際して中型免許が必要なのか、応募する際は普通免許でも大丈夫で、中型や大型は入社後に取得すればいいのか、会社によって条件は異なります。
また、会社によっては中型や大型の免許取得を支援してくれるところもありますが、それも入社後に給料から引かれることが条件になっているかもしれません。細かい条件をきちんと知った上で応募を考えましょう。
もちろん、勤務地、勤務時間も確認を。それから正社員なのか、契約社員なのか、パート従業員なのか、雇用形態もチェックしましょう。
ただ、ドライバー業界は働きながらいろいろな免許、資格を取得してキャリアアップ、転職していくことが可能です。経験を積みながら、自分のやりたかった仕事を目指していくのもいいでしょう。

-トラックドライバー
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.