ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

夢のダブル連結トラック

更新日:

思い出すのは遠い昔のテレビの画面

来年2019年1月、国土交通省は車両全長についての基準を緩和し、大型トレーラーを2台つなぐ「ダブル連結トラック」を高速道路で運行できるようにするらしい。物流業界で深刻化する運転手不足への対策だという。
つまり、ドライバー1人でトラック2台分の荷を運べるようにするというわけだ。2016年にダブル連結トラック実験協議会を設立し、実験と協議を繰り返してきたみたい。
昭和世代としてはアニメ、と言うよりテレビ漫画「マッハGoGoGo」に登場したマンモスカーってのを思い出さずにいられない。2台どころか何台もトレーラーを連結し、全長40メートルにもなるトラックが登場していた。
ダブル連結トラック走行ってのは、まさにそんな空想世界が現実化したわけだ。

思いをはせるのは遠くない未来のハイウェイ

現実世界では、連結トラックはすなわちトレーラートラックなので、大型や中型のほか、けん引免許が必要になる。これは“高度な運転技術”がなければ取得できない資格だ。
長距離大型トラックはある意味、トラックドライバーの花形。それは“大型運転免許”という、プラスアルファの資格が必要になるからでもあることは隠しようのない事実。そう考えると、さらにプラスアルファな資格が必要な連結トラックのドライバーは、さらにその上をいく“花形の中の花形”にもなりうるのではないだろうか。
どこでもドアや転送装置もできないまま、物流はさらに肥大化していくはず。となればこの先、2台どころか3台連結、4台連結のトレーラートラックも現実化するかもしれない。昭和世代としては今のうちけん引免許に挑戦し、さらに長生きし、そう遠くない未来でマンモストラックをかっ飛ばしたい、なんて夢見ている。
ま、その前に普通にトレーラートラックのドライバーを目指そう。

-トラックドライバー, 物流業界
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.