ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手 体験談

僕がタクシーを運転するようになったワケ

更新日:

レーサーを夢見て

僕は3年前、新卒でタクシードライバーになりました。
子どものころからクルマがあくどいくらいに好きでした。中でもレーシングカーが大好きで、子どものころはフォーミュラカーのミニカーばかり集めていました。
そのまま育った高校時代、カーレーサーになる気も満々でした。カフェのバイトでオサレに稼いだお金で、富士スピードウェイにレースを観戦に行ったりもしました。
でも、プロレーサーがかっ飛ばすのをテレビでお気楽ゴクラクにぼや~と見ているのと、実際に高速でコースを疾走するクルマを運転するのは違います。そんな当たり前の現実に気づき、大人の階段登った18歳の僕でした。

夢と現実の剥離における葛藤の考察

そんなわけでなんとなく大学に進学。自動車免許も取りましたけど、実際に公道を走っても、あまりスピードを出したい欲求の起きない自分に気づきました。自動車教習所で見せられた事故映像にビビったからかもしれません。
でも、クルマ好きは相変わらず。それで社会に出たら運転を仕事にすることを考えたのもごくごく自然な川のような流れ。
クルマの運転の仕事ってことで、トラックドライバー、スタントドライバー、霊柩車ドライバー、トランスポーター(運び屋)とか考えたのですが、1人孤独に仕事をするのがイヤだったので、最終的に選んだのが接客業でもあるタクシードライバー。これが大正解でした!
最初は思うように売り上げが伸びず、悩み、考え、苦しみ、歩み、歩き、笑い、誓い、感じ、選び、泣き、背負いました。でも、お客様が多いルートや時間などを研究して自分なりにそれをつかんでから好調、快調、収入急上昇です。

結果オーライな着地

大企業の社長さんから零細企業の社長さん、水商売のお姉さん、水商売のオネエさま、いわくありげなカップル、夜なのにサングラスの外国人、深夜に霊園近くで乗せたびしょ濡れの女性、ときには芸能人と、都会の縮図ともいうべきいろいろなお客様と接することができるのもこの仕事の魅力。3日やるとやめられないとは言ったものです。
そうそう、レース観戦は趣味として続けています。
タクシードライバーは長時間勤務もありますが、午前4時に仕事を終えると、帰って仮眠してお昼に起きたとしたら、翌日の出勤まではすべてフリーの時間です。僕の勤務は月12回で、18日は家にいられます。サーキットに行ったり、ミニカーを買いに行ったり、レーシングカーの模型を組み立てたり、まさに充実のプライベート・ライフ。
タクシードライバーは頑張り次第で高収入も実現できるし、かと言ってタクシードライバーの過労死って、聞いたことないです。「仕事よりプライベート重視」という人にもピッタリな仕事だと思いにはべりにいまそかり。

-タクシー運転手, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.