ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手

マーケティングをとことん活用したタクシードライバー

更新日:

最初は次の職が見つかるまでのつなぎのつもりが

僕はいわゆる脱サラでタクシードライバーになった組です。動機はと言えば、月並みですが、サラリーマン生活での人間関係が嫌になったことです。一応、まあまあ名のある商社に新卒で入れたまでは良かったのですが、入ってみると環境最悪! パワハラ・セクハラは日常茶飯事、おまけに信頼していた同僚の裏切りまでが重なっては、もうやってられない~!となって3年で辞めました。
それで仕事を探すためにネットで検索。隔日勤務など休みのシフトが選べるということで、まあ、クルマの運転も嫌いじゃないし、次の仕事を見つけるまでのつなぎのつもりでタクシー乗務員の仕事に就くことにしました。
最初の3ヶ月はやはりきついと感じることもしばしばでしたが、それでも隔日勤務の生活のリズムに慣れるにつれ、タクシー乗務の醍醐味のようなものを覚え、今は、これ天職かもという気さえしています。それはやはり自分の中にいろいろ発見があったからかもしれません。

考えて走る余裕の中から見えてきたもの

タクシーという仕事は、会社の看板を背負ってはいますが、やはり、自分ひとりの判断でハンドルをどう切ろうが自由ということで、個人営業そのものだという気がします。よく年配の乗務員さんなどには駅待ちとか流しが気が楽だという人がいますが、僕はそういうスタイルは取りません。
僕は短い期間であれ商社に勤めていた経験を活かし、マーケティングという武器を使います。地域のイベント、お祭り、駅ビルなどのセールイベントなどを分析し、どんな層がどういう動きをしているとか、そのときの道路状況がどうか、また、信号機のタイミングから裏道への抜け方までも徹底的に調べあげ、いつどこへ行けばどんなお客さんをつかめるか、狙いをつけて走るようになりました。そう、いわゆるターゲットプロフィール、ペルソナを絞り込むというマーケティング手法です。
こうして動いてみると、イメージしたとおりのペルソナに行き当たることも2度や3度ではありません。そうなるとますます仕事が面白くなるばかりか、空車のままムダに流すことも減りました。当然、売り上げは毎月上位です。

-タクシー運転手
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.