ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

体験談

長距離トラックの運転手をしてよかったなと思たこと

更新日:

自分だけの時間が持てるのがいい

長距離トラックの運転手をしていてよかったと思うことは、自分だけの時間が持てるところです。スムーズに荷物を配送して目的地まで運んでおろしてしまったら、次の仕事をするまでに時間が余ることが多いんです。その間は自分の時間として利用することができるのです。私の場合は昼寝をしたり、漫画本を読んだり、スマホをいじったりと本当に自由に過ごしています。ほかの仕事をしていたらこうも自分だけの時間が持てないでしょうから長距離トラック運転手でよかったと思っています。

初めての土地にも行けるのがいい

長距離トラック運転手をしていると、見知らぬ土地にまで荷物を運ぶことが多々あります。私の場合は青森にも行ったことがありますし、鹿児島にも行ったことがあります。ほとんど全国をトラックで行っているのです。自分だけではここまで全国に行くことはなかったはずです。いろいろなところに行けるので、その土地でおいしいものを食べたりします。また、温泉に入ったりもしますし、景色も見たりします。長距離トラック運転手の特権かなと思います。

車好きには最高な仕事

長距離トラック運転手をしていてもっともよかったと思うこと、それは何といっても車好きには最高の仕事だということです。仕事をしながら好きな車にずっと乗っていられるのです。これ以上の喜びはありません。仕事をしている人の中には、あまり好きではなく仕事をしているという人も多いはずです。でも、私は長距離トラック運転手の仕事を嫌だと思ったことはありません。この理由こそが大好きな車に乗っているからです。だから車好きの人には最高の仕事です。

-体験談
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.