ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

体験談

配送ドライバーはおすすめ? メリットとデメリット

更新日:

1人でできる! 人間関係のわずらわしさから解放

配送ドライバーは普通、車を運転している時間が長いです。
配送先での積み下ろしは人と触れ合える時間ですが、それ以外はほとんど1人です。運転中人とコミュニケーションを取る必要もなく、普通の会社でよくある人間関係からは解放されている仕事かもしれません。
人づきあいが苦手な人や、話すのが好きではない人にとってはいい仕事でしょう。ただ車の運転が得意、また運転が気分転換になるくらいの人ではないと、その運転がストレスになると思います。

常に安全意識! 緊張と自己管理

配送ドライバーは事故を起こさないように、それも決められた時間内に配送する必要があるので、常に緊張感が必要な仕事です。
特に辛いのは冬よりも夏で、灼熱の太陽の下、暖まった車に乗り降りするので、心身ともに疲れます。自分で休憩や水分補給などを意識して気をつけないと体調を悪くしてしまいます。
車の安全と自分の身体の管理、加えて時間の管理や、顧客、勤務先の会社との良い関係に留意する必要があります。
自分で物事を管理することができる人には向いているかもしれません。

やっぱり自分に向いてる? それとも無理?

比較的給与の高いドライバーの仕事ですが、やはり車を運転したり、重い荷物を運んだりと体力や神経を使う仕事であることは間違いありません。だからこそ、運転中の車内での時間をどれくらいリラックスして過ごせるかが、この仕事を続けることのできる人とそうではない人の違いになると思います。
もちろん運転中や顧客と接するときなどは、事故やミスのないようにきちんと業務をこなす必要がありますが、基本は車内です。
運転中、音楽や語学の勉強をして過ごすこともできます。そうやって時間を有効活用できます。
以上の点から自分に向いているか、それとも難しいか判断してドライバーの仕事をしたいものです。

-体験談
-, , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.