ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

体験談

大型バスのドライバーの仕事

更新日:

転職先としての魅力について

転職先として、運転というキーワードつながりで候補にあがってくるのが大型バスのドライバーになります。基本的には観光会社の系列のバス会社、または自治体が運航するバスの運転手ということになります。どちらのバスの運転手にしても転居を伴うような転勤は極めて少ないといえるのではないでしょうか。しかしながら、観光会社のバスの運転手は宿泊での運転や深夜運航の運転もあります。この点においては自治体のバス運転手とは異なります。しかしながら、運転手が少ないことにおいては売り手市場であることは間違いありません。

仕事内容とそのハードさについて

バスの運転手の仕事はハードかどうか。これはバス会社にもよります。基本的には大型バスの事故が発生して以来、会社としてもコンプライアンスを重視していますので寝る時間もなく運転を続けるという環境はなくなっています。しかしながら、年齢とともに長時間の運転をこなすとなれあ、どうしても腰の痛み、目の衰えなどが継続して仕事として続けていくには厳しい条件になってきます。もちろん、年齢とともに運転手から管理部門への職種転換もありますが、マッチするかどうは別のところです。

バスのドライバーに向いている方について

大型バスの運転手に向いている方、まずは何といっても運転が好きでかつ、乗客とのコミュニケーションが苦痛ではないこと。これが最低限の条件になってきます。
また、常に自分自身が好きな運航路やバスの車両を利用できるわけではありません。先輩を立てたり、後輩に車両を譲る必要も出てくるでしょう。このあたりは通常のビジネスマンと同じく、我慢やコミュニケーション能力も必要となってきます。
まずは大型バスの運転が好きかどうかを自分自身に問うてみることからスタートです。

-体験談
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.