ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

体験談

ルート配送営業のリアルな話

更新日:

未経験でも雇ってもらえるところが多い

実際に私が働いている会社もそうですが、ルート配送の営業職は未経験OKのところが多いようです。
私は普通自動車免許を持っていて、その乗用車の運転経験だけで採用してもらえました。トラックの運転の仕方は、簡単な運転方法を事前に聞いてから、助手席に先輩が乗り、実際に運転しながらカラダで覚えていくという方法でした。慣れてしまえば、乗用車よりも窓が広く、車高が高いので見渡しやすく、運転しやすいように思いました。

トラックでのルート配送のメリット

以前は事務職をしていた私自身の経験からは、トラックでのルート配送のメリットは、自分のペースで1日の予定を組むことができ、1人の時間が多いことでマイペースに働けるということです。
固定客へのルート配送なので、お客様からの納品時間の指定で動き、完全に自由というわけではありませんが、納品と納品の間に少し時間が空くと、コンビニの駐車場にトラックを止めて休憩したり、というような、自分で1日のスケジュールの調整ができるのはメリットだと思います。

トラックでのルート配送営業職の個人的印象

トラックでのルート配送は初めての経験だったので、不安もありましたが、トラックの運転自体は慣れれば乗用車と同じで難しくはなかったです。
ただ、1日中運転しているので多少腰が痛くなったりするので、納品の際にはこまめにストレッチするなどの注意が必要かもしれません。
飛び込みの営業職をしていたときのことを考えると、固定客へのルート配送は同じ営業職と言えども、お客様の態度も柔らかく、やりがいの感じられるものでした。

-体験談
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.