ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

トラックの運転手として働いてよかったこと

更新日:

トラックの運転手に転職した結果

私の友人は以前、営業職として働いていたのですが、車の運転が好きということもあってトラックの免許証を取得し、トラックの運転手に転職したのでした。
運ぶ荷物は主に家電製品で、電化製品の量販店などからの依頼を受けて届け先に運ぶといった仕事です。荷物は非常に重いものから軽いものまで扱っていて、どんな家電製品でも運んでいるとのことでした。
もちろん1人では運べないため、常にペアで仕事をしており、ペアの方ともかなり親しくなってきたと喜んでいました。そのため転職したことに対し非常に良かったと話しています。

トラックの運転手として経験したこと

トラックの運転手として友人が最初に経験したことは、荷物をいかに倒れないように車に載せるかでした。
家電製品であるため、走っている最中に倒れてしまうと補償問題になります。そのため運転も慎重に行いつつ、荷物を傷つけないように固定する方法を学んだそうです。
荷物を固定するのにロープなどを活用するのですが、ロープと商品との間に布などをつけて固定することで商品が傷つかないようにしているそうです。それぐらい慎重に商品を扱うことが要求されていたるのです。

トラックの運転はとても楽しい

友人はトラックの運転手に転職して非常に満足しています。
力仕事の部分もあり、最初は給与も下がったのですが、自分のやりたいことが見つかったことに対して非常に喜んでいるのです。
仕事を継続する上で自分のやりたいことができるというのは、本当にうらやましいです。友人は家電製品を配送することで届け先からも感謝されることがあり、非常にやりがいのある仕事だと話していました。人に感謝される仕事は、本人からするととてもやりがいのある仕事なんだと改めて感じました。

-トラックドライバー, 体験談
-, , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.