ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手 体験談

子育て中のパパさんがタクシー運転手に

更新日:

タクシー運転手になった私

私はタクシー運転手の仕事をしています。
ちなみに妻は、タクシー会社の配車センターに勤務する、言わば管制塔の管制官といった仕事をしています。
ただ、結婚当時、私は激忙しい商社の営業マンでした。
結婚して子どもができ、私は育児と仕事をきちんと両立したかったので、商社をスッパリ辞めました。もちろん、育児優先の生活をしたいので上司にもいろいろ相談したんですが、「育児なら奥さんがやってくれるだろ」という返事に失望したのでした。男性でも女性と同じくらい育児をして、夫婦ともども育児と仕事の両立ができないなんておかしな話です。
そんなわけで転職先をいろいろ探していたら、妻からナイスアドバイスがありました。妻は常々、配車センターでタクシーの動きを把握していたのですが、こう動けばもっとお客さんを取れるのに、こんなサービスをしたら喜ばれるのにと、いつも思っていたそうです。
それで、タクシー運転手なら育児と両立して効率的な仕事ができると教えてくれたのです。
こうして妻と同じ職場で働くことになりました。妻は社員としては先輩というわけです。

皆に重宝されるタクシーに

深夜シフトがあったりして、タクシー運転手は過酷な仕事という固定観念がまだ一般にも根強いのかもしれません。でも、実際は勤務の時間帯は選ぶことができ、普通に朝から夕方までの昼勤務もあります。
私は、元営業マンとしての細かい気配りとか、お客さんのニーズをくみ取る力を発揮してお客さんに喜ばれるタクシー運転手となるよう奮闘努力中です。もちろん、妻の業界の先輩としてのアドバイスも貴重です。
タクシー運転手は私のような転職組も多いですが、接客サービス業の要素が強いので、リーダーシップが必要だった経営者タイプの人より、同じ経営者でも営業力を磨いてきたタイプの人のほうが、タクシー運転手の仕事に馴染むのも早いようです。
私はさらに、育児中のパパさんドライバーだからこその経験も生かしたいと思っています。それで子どもの送り迎えをするキッズタクシーの運転手を目指しています。
さらに高齢化社会が進む現状を考え、次は高齢者をサポートするタクシーや、福祉タクシーにも乗務できるようになりたいと思っています。

-タクシー運転手, 体験談
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.