ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談 物流業界

宅配便の仕事はとても大変

更新日:

荷物が多い

地方都市で宅配便の仕事をしていますが、配達する荷物が非常に多く、かなり辛いものがあります。
地方都市は大都会と違って荷物はあまり多くないと思っていましたが、とんでもこざいませんですよ。今やネットショッピングの発達で配達量は増加の一途をたどっています。「勘弁してよお」って感じです。
しかも、時間指定も意外と多く、配達員は常に時計を気にしながら仕事に追われます。指定時間は特に夕方以降が多く、その時間帯はかなり激務です。

受け取ってくれない

時間を指定しておきながら、荷を受け取ってくれないこともあります。まあ、突発的な何かの事情で家を空けるのではないかと思うのですが、そうなると不在票の出番です。
不在票を入れると、再配達です。同じ家に再度行かなければいけなくなり、仕事の時間がかなり長くなってしまいます。いわゆる二度手間なので、なかなか辛いものがあります。
会社であれば、宛先の本人がいなくても誰かしら人がいますが、一般家庭は不在となると本当に誰もいないことが多いので、仕事がどんどんたまるわけです。
宅配便の仕事は、やっぱりドライバーとしては楽はできない仕事です。

できれば改善してほしい

とにかく宅配便の配達は、職業ドライバーの仕事の中でも難しく、ハードな部類に入るでしょう。
ときにはやたらと重い荷物もあり、それを玄関まで持って行く距離をとてつもなく長く感じてしまいます。
トラックドライバーの仕事は本当にしたかったのですが、宅配便の配達は休みもあまりないので、そろそろ潮時かもと感じています。
国を挙げてトラックドライバーの増員にも取り組んでいるようですが、やっぱり待遇を改善してほしいと感じます。これからも荷物は増える一方のはずなので、国にも業界にも何か考えてほしいです。

-トラックドライバー, 体験談, 物流業界
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.