ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手

タクシー運転手の給与保証

更新日:

年収1000万円も夢じゃない

タクシー運転手の給与は歩合制であることが多いです。
歩合制、つまりお客さんを乗せて払ってもらう運賃の何割かがタクシー運転手の取り分になり、他は会社の収入になります。このときの歩合率は50パーセントから60パーセントくらいだそうです。
仮に、1日にお客さんを4人乗せ、合計1万円の運賃をもらったとすると、歩合率が6割の場合、6千円が運転手のものとなるわけです。月に100万円を売り上げると、60万円が運転手の給与になります。50万円であれば30万円です。
そんなわけでタクシー運転手は毎日、必死にお客さんを探します。1人でも多くのお客さんをタクシーに乗せ、できるだけたくさん稼ぎたいからです。
中には年収1000万円近くを稼いでいる人もいるとかいないとか。

飛び抜けた努力と工夫

もちろん、年収1000万円を稼ごうとすると、ただ漫然とタクシーを運転していても無理です。人より飛び抜けて収入を増やそうとすれば、他の職業でもそうですが、人より飛び抜けた工夫と努力が必要です。
年収1000万円なんて夢のまた夢で、タクシー運転手の平均年収300万円台も難しいというか、自信がない人も、中にはいます。
それでは、月の売り上げが10万円なら、給与も6万円しかもらえないのかというと、実はそんなことはありません。
歩合制の扱い方にも会社によって違いがあります。
1つは、給与が固定給+歩合給になっているパターンです。1定の金額が固定給ということで設定されていて、売り上げがその固定給を超えた場合、歩合によって固定給にプラスされるようになっています。何だか、なまけることもできそうですが、売り上げにはノルマがあり、ノルマを達成できないと固定給も減らされるそうなので、なまけることはできません。

やらなきゃ稼げない

もう1つは完全歩合制で、これは本当に「やればやっただけ稼げる」ようになっていて、同時に「やらなきゃ全然稼げない」ようになっています。
とは言え、どちらの場合でも通常、入社して数か月は給与保証というのがあります。つまり、タクシー運転手は入社していきなりタクシー乗務をできるのではなく、社内研修を受けます。研修期間は売り上げもありませんから、その間の生活を保証する給与が支払われるわけです。デビューしてすぐのころも、なかなか売り上げを上げることはできませんから、保証給はデビュー後もしばらくは支払われます。
タクシー業界は未経験者にも入りやすい世界のようです。

-タクシー運転手
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.