ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

更新日:

何の手?

私はトラック運転手をしている。トラックドライバーとも言うが、昭和世代の私には素直に日本語で「運転手」といったほうがしっくりくる。
運転。なぜ「運転」「手」なのだろうか。確かにハンドルを握るのは「手」だが、アクセルやブレーキの操作には足も使う。そう思って「手」という字を調べると、「手」には「組織を人体に見立てたとき、組織のために働く人がちょうどになる」のだという。それで「人が足りない」などの言い回しができる。人が足りないというのは労働力が足りないということだが、単に「人が足りない」と言うより、確かに「労働力が足りない」感が出る。労働力が足りないことを「が足りない」なんて言うしね。
というわけで、我々トラック運転はトラックを運転する「手」ということになる。

手尽くし

トラック運転としてやりがいをにするには、どんな仕事もを抜かず、積みや下ろしの作業もこなし、人がを引くツライ仕事をぐすね引いて待ち、をゆるめずにを尽くす。
が後ろに回るような違反行為にはを伸ばさず、を組めるような相手とはの内を見せ合う仲間になり、の施しようがないと呼ぶ声あれば、を差し伸べる。
同じ運転でもすべてがもろを挙げて仲間になれるわけでもないが、八丁口八丁のヤツには近づかず、管の甘言で招きしても、そのは食わぬの焼きハマグリ。
そのうち、塩にかけて取り足取り教えた後進も我がを離れて1人立ち。それからはを携えて運転業界を盛り上げ、今じゃ引くあまたのトラック運転、だと来たもんだ。

-トラックドライバー
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.