ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

トラック運転手になって太った

更新日:

幸せ太り

俺は30歳でトラック運転手になり、今は35歳だ。つまり、これまで5年間、トラック運転手を続けてきた。
トラック運転手になりたてのころは、仕事はほぼトラックを運転するだけでだし、勤務時間は長いけど、その分、給与も良いので「どうしてもっと早くトラック運転手にならなかったんだろ」と思えるくらい、楽しい日々だった。
だが、そのうち俺はみるみる太っていった。この5年で10キロは太ったのだから、大したものだろう。
最初は「幸せだから幸せ太りだな」なんて思ってた。
そりゃ、給与が良くて、俺は食べる以外に楽しみや趣味もなく、稼いだ金は景気よく「うまいものを食う」ことにつぎ込んだので、太っても何の不思議もないんだけど。
実際、トラック運転手になって食欲も増したような気がする。
俺は入社以来ずっと、1日に2~3件を回って荷の積み下ろしをして、その日のうちに会社に戻る仕事をしている。積み下ろしは手作業だが、1日に2~3回なので、それほど体力を使うわけではない。トラックの運転はびっくりするくらいに力仕事じゃないしね。
けど、仕事が終わると猛烈に腹が減る。それで金があるもんだから、ついつい毎食食べ過ぎるんだよね。

幸せ筋肉

トラック運転手はビール腹が多いって聞くが、先輩からもよく「お前、太ったな」と言われる。「だって腹減るンすよ」と言うと、トラックの運転は筋力は使わないが、疲労する体力仕事だから腹は減るが、安全運転のために健康管理は大切だぞと、釘を刺された。
もっともな話だ。筋肉がついて体重が増えるのは良いが、それが脂肪だと、この先、歳を取ったときに健康に悪影響が出る。そして俺らトラック運転手にとって、心身の健康はとても大切だ。もしも、運転中に脳卒中か何かで意識不明にでもなったら大変だからな。
ましてや、俺も長年の独身生活から足を洗い、来年にはとうとう結婚する身となった。つまり、俺のカラダは俺1人のものじゃないわけだ。
俺は早速、栄養に関する本を買って来て、満腹になりつつも脂肪を増やさない、栄養バランスの取れた食事について勉強を始めた。
トレーニングジムに通おうかなとも考え始めている。結婚するんだから「幸せ筋肉」つけてやる!

-トラックドライバー, 体験談
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.