ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

その他ドライバー セールスドライバー タクシー運転手 トラックドライバー

交通事故を防止しよう

更新日:

可能性は

交通事故は誰もがイヤなものです。誰も加害者にも被害者にもなりたくありませんが、ほとんどの人がそのどちらにもなってしまう可能性を持っています。まずはその事実の認識から始めましょう。誰もが交通事故の加害者にも被害者にもなり得るのです。
自動車にも自転車にも一切乗らない人は、加害者になる可能性は限りなく低いですが。
ちなみに、家から一歩も出ない人だって、交通事故の被害者のリスクがゼロというわけではありません。家にトラックが突っ込んでくるかもしれませんから。高層マンションの上のほうの自宅から一歩も出ないなら、被害者になる可能性は限りなく低いですが。
とにかく、かなり大勢の人が加害者にも被害者にもなり得ると考えていいでしょう。

注意は一生

交通事故を起こさないために一番有効な手段は「注意すること」です。「注意」とはつまり「安全確認」です。
「なんだ、簡単じゃん」と思われるかもしれませんが、不注意、うっかり、つい、など、この「注意すること」を怠ってしまうことで、今も毎日のように交通事故が起きています。
なぜでしょう? 交通事故は運転手や歩行者が「注意深く周囲の交通に注意すること」で、かなり防止できますが、この「注意」はほんの少しの間ではなく、車が走っている場所では絶えず、ずっと注意し続けなければいけません。
一方、車を運転する、そして歩道を歩く行為は日常的な行為として、しょっちゅうやっていることです。そのため「慣れ」が生じます。そして「慣れ」てしまうと、つい「注意」を怠ってしまうのです。
特に自動車や自転車を運転する人は、この「慣れ」に惑わされず、常に「注意」を続けましょう。いずれ、交通事故ゼロが実現するかもしれません。

-その他ドライバー, セールスドライバー, タクシー運転手, トラックドライバー
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.