ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

その他ドライバー トラックドライバー 体験談

途中からの侵入者

更新日:

廃線

僕は長年、地方で路線バスの運転手として仕事をしていました。しかし、日本全国そうですが、僕のいた地方でも少子高齢化が情け容赦なく進み、路線バスも本数が減ってついには廃線となりました。
そんなわけで僕も少し大きな街に移り住み、せっかく持っている大型二種免許を生かせる街中でのバス運転手の仕事を探そうと思ったのですが、ふと「二種は要らないけど、トラック運転手の仕事はどうだろう」と思い立ちました。
思い立ったが吉日のことわざもあるので、僕は早速トラック運転手に転職。
すると、これが結構楽チンでした。転職する前はもちろんいろいろ調べたのですが、そのときは「トラック運転手の仕事は過酷」とか「ブラックな会社が多い」とか、マイナスな評価に出くわすことも多かったです。
しかし、もともとあまのじゃくなのか、マイナス評価を目にすればするほど「本当かなあ?」と疑う気持ちがムクムクと頭をもたげてきて「実際、どうなのか試してみよう」という好奇心を抑えることができなくなりました。

転身

人間、好奇心がなくなったらつまりませんね。
僕が入社した会社は僕好みにアットホームで、人情家の社長はキツイ仕事も断り切れず、しんどい割りに稼ぎが少ない仕事を受けることもあるのですが、社長の顔を見ていると「ま、いいか」と思えるので不思議です。
それに、トラックはバスと違って人を乗せていないので、変なクレームもなくて気が楽。おまけに、それまでのバスの運転で身に着いた、乗っている人に1ミリのストレスも感じさせないようにする、ていねいで慎重な運転「荷を大事にしてくれる」ということで荷主にも好評で、ついつい調子に乗ってしまう日々です。
一体、どうして皆「過酷」とか「ブラック」とか言うのか、僕にはよく分かりません。評価は人それぞれですし、僕がたまたま幸運だったのかもしれませんけど。
ま、路線バスが廃線になって転職しなきゃいけなくなるほどには不運だったかもしれませんけどね。

-その他ドライバー, トラックドライバー, 体験談
-, , , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.