ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

世にも楽しいトラック運転手の仕事

更新日:

気楽に過ごせる

僕はトラック運転手の仕事をしている。
ネットで調べると、トラック運転手は仕事がきつくて給料が安く、苦しいばかりだという話が出てくる。
けど、それは多分、ブラックな会社に入ってしまった人の話だろう。または、もともとトラック運転手の仕事に向いていなかったに違いない。
そりゃ、お金をもらってやる仕事なので、つらいことはたくさんある。けど、その分、収入も多いので「耐えられない」なんてことはない。
とは言え、拘束時間が長く、体力を消耗するのも事実。それでも僕は体力あるし、それに加えて体を鍛えているし、その過酷な仕事にもちゃんと耐えることができるから平気だ。
また、長い拘束時間のかなりの時間は、トラックを運転することで費やす。トラックの運転中は余計なことは考えず、運転に集中していればいいので、ある意味気楽。気楽に過ごしているだけでお金を稼げるのだから、こんな楽しいことはない。

お金を稼げる

実際、大した学歴もなく、何かの才能に恵まれているわけでもなく、ただ大型トラックを運転できるだけで年収700万円も実現している。
いや、拘束時間が長く、数日間家に帰れず、布団で寝られなくても平気で、鼻歌交じりにトラックの運転に集中できるってことも、特別な才能なのかもしれないな。
それから運も大事なのかも。
僕が勤務する会社は働きやすい労働環境の整備にも熱心だし、その反面融通も利くし、職場の雰囲気も明るく、行ってみればホワイトな会社。僕がこの会社と出会えたのは「たまたま」だったから、やはり「運」は大事
それでも仕事先を探すとき、ドライバー専門の求人サイトを使い、条件などの内容もしっかり確認することは必要だ。
それでも、仕事先を探すタイミングと、自分に合う会社が求人を出すタイミングがピッタリ合うかどうかは、やはり「運」かも。

-トラックドライバー, 体験談
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.