ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

クジョウ

更新日:

イメージ

トラックドライバーは「交通ルールやマナーを守らない荒くれ者」というイメージを持たれがちです。
確かにルールやマナーを守らない悪質なドライバーもいます。しかし、真面目なドライバーが何かの事情でルールやマナーを破ってしまうこともあります。
もちろん、道路上でトラックを運転するからには、どんな事情があってもルールやマナーを破っていい理由にはなりません。交通事故につながる危険があるからです。
それでも、悪質ドライバーより、責任感を持って地道に仕事に打ち込む、真面目なドライバーのほうが圧倒的に多いのも事実です。
真面目なドライバーのほうが圧倒的に多いにも関わらず、ネットで悪質ドライバーの荒くれ運転が書かれると、それだけでイメージが広がってしまいます。

ダメージ

こうした悪いイメージの拡散を抑えるために、善良な市民から苦情が来ないよう、真面目なドライバーは日々精進しなければなりません。
とは言え、悪質ドライバーが世間に迷惑をかけるだけではなく、真面目なドライバーが我慢を強いられることもあります。それは荷の納品先からの無茶ぶりに耐えなければいけないときです。
トラックドライバーにとって荷の納品先は得意先でもあるので、どんな理不尽なことを言われても言い返せません。得意先の理不尽さは恐らくどの業界でも同じでしょう。
たとえドライバー側が正しくても言葉を呑むしかありません。
しかも、トラックドライバーのマイナスイメージはまたたく間に広まるのに、トラックドライバーに対する悪質な仕打ちを、善良な市民は知る由もありません。このこと自体が、何か理不尽なような気もします。

-トラックドライバー, 物流業界
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.