ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

トラックドライバーに向いていない人

更新日:

車の運転が苦痛な人

トラックドライバーは長年人手不足が続き、その仕事に就くハードルは低くなっています。
もともと高学歴者しか就けない仕事でもなく、運転免許さえ持っていれば、それほどハードルも高くなかったので、いつの間にか「誰でも就ける仕事」と思われるようになりました。
しかし、就くときのハードルは低く、比較的誰にとってもなりやすい職業かもしれませんが、それで長続きできるかどうかはまた別です。長続きするには適性があります。
トラックドライバーの仕事の適性と言えば、例えば「車の運転が好きかどうか」です。車の運転がそれほど好きでない人でも長続きできないことはないですが、車の運転が苦痛という人には向きません。やはり、車の運転が好きでたまらないという人なら、長続きしやすいでしょう。
もっとも好き過ぎて「俺の運転を邪魔するヤツは許せん」と思うような人は、トラックどころかすべての車を運転しないほうが、道路上の安全のためになるかもしれません。

責任感のない人

トラックドライバーに何よりも求められるのは「荷を安全に目的地まで届けることをやり遂げる」という責任感です。
責任感があればこそ、自身の健康管理に留意し、車両の点検も怠らず、万全の状態で仕事に出て、仕事中も安全運転を心掛け、ていねいでおだやかな運転によって荷崩れなどを起こさずに目的地に荷を運ぶことができるのです。
責任感があればこそ、取引先でもきちんとあいさつでき、担当者を不快にしないよう身だしなみも清潔に整え、社会人としてのマナーを守ることができます。
と言いますか、責任感のない人はどんな仕事も長続きしないかもしれませんね。

-トラックドライバー
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.