ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

トラック運転手が抱える恐怖

更新日:

病気予防は事故予防

俺はトラック運転手の仕事をしているが、仕事を続ける上で一番気をつけているのが自分の健康だ。
通院や入院を繰り返していたら仕事にならない。それに、心身の健康に問題があると、安全運転に支障をきたすこともある。安全運転に支障があるということは、それで交通事故も起こしかねない。
トラック運転手が交通事故を起こし、荷に損傷があれば弁償しなければならないし、自分自身や会社の信用にも傷がつく。万一、自分や他人にケガさせると大ごとだし、最悪、命に関わる事故であれば、人生をガラリと変えてしまう。
だから、仕事を無事に遂行するために、自分の健康状態にはかなり注意する。事故を起こしてしまって大きく後悔したくないからだ。つまり、転ばぬ先の杖というやつだ。

虫歯と事故

トラック運転手には職業病とも言える「かかりやすい病気」がある。
まずはこれを回避することを心掛ける。
例えば腰痛、肩こり、エコノミークラス症候群、心疾患などだ。トラック運転手の仕事は拘束時間が長いために生活習慣が乱れ、歯磨きの習慣を怠ることにもなりやすいので、歯の病気にもなりがちだという。
トラック運転手と歯の病気はあまり関連がなさそうだが、これも十分気をつけたい。虫歯にでもなって、運転中に歯が痛み出したら運転に集中できなくなってしまう。これは十分恐ろしい。

-トラックドライバー
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.