ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

トラックの自動運転システムに期待

更新日:

近い未来

トラックドライバーの仕事は将来、なくなるという。
つまり、自動運転システムが開発され、トラックなどの車は人間が運転しなくても良くなるそうだ。
しかし、荷積み、荷下ろしは誰がやる? 人間だ。まあ、人間がやるとしてもトラックに乗る必要はないわけで、やはりトラックを運転するためにトラックに乗る人間の存在は不要になるのか。
荷積みや荷下ろしも、ロボットが人間に替わってやるようになるかもしれない。
それで「トラックドライバーは将来失業する」と言われている。
とは言え、昨日まで仕事していたトラックドライバーが突然、今日失業するわけじゃない。その前段階があるだろう。
つまり、人間が乗りつつ、AIが制御するトラックの登場だ。

遠い未来

そうなると、トラックドライバーは楽になるだろう。大部分はAIに運転させればいいわけだから。
しかも、当然、事故防止のための自動ブレーキなんかも精度が良くなっているはずだから、交通事故も激減
それだけAIが賢くなると、当然、ドライバーを相手に気の利いた会話もできるようになっているはずだ。
トラックドライバーは基本的に1人で仕事する孤独な職業だった。もちろん、昔は無線、今ならスマホもあるので、誰かと話したくなったら話はできる。
とは言え、やはり「今、話せる相手」を探さなきゃならなかった。LINEなんかを使うにしても、運転中は難しい。
それが、相手がAIなら運転しながらでも会話が可能だろう。こりゃいい!
もちろん、会話の相手としてユーモアも備えていてほしい。そうなると、やはり個性もあるだろう。自我を持ったAIかもしれない。
そうして自我を備えたAIは、やがて地球にとって人類を害悪と見なし、人類の一掃を企てるようになる、のかも。

-トラックドライバー, 物流業界
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.