ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

政治家になりたい

更新日:

お国のため

僕はトラック運転手の仕事をしている。
もちろん、誰に強制されたわけではなく、好きでこの仕事を選んだ。運転は好きだったし、やればやるだけ稼げる仕事なのでやりがいがあると思った。
案の定、僕に合っていたみたいで、ツライこともあるが仕事は楽しい。仕事をあまり楽しそうにしているようには見えない高校時代の友人なんかを見ると、可哀そうにも思えてくる。もちろん僕も思慮深さは持っているので、面と向かって「可哀そうに」なんて言ったりはしない。
そんな僕だけど、最近「政治家になりたいかも」と思うようになってきた。
きっかけは、ある政治家の不祥事だ。その政治家は不祥事を起こして政界を追われたものの「まだまだ国のため、国民のために尽くしたい」とか言って、次の選挙でもまた立候補した。

おいしい仕事

「?」だった。国のため、国民のために尽くすなら政治家じゃなくてもできるじゃん。我々トラック運転手だって、物流を担うことで国民のお役に立っている。なら、政治家を辞めたらトラック運転手になればいい
しかし、政治家を続けたいという。ということは、それほど政治家ってのは「おいしい仕事」だということだ。
それから、今まで関心なかった政治家のニュースもよく見るようになった。確かに「おいしい仕事」だ。
大臣にでもなれば、支持者に都合の良い政策を打ち出してさえおけば、友人を優遇しようが、こちらに利益をもたらなさそうな貧困層を無視しようが、税金を私的な会に使いまくろうが自由。与党に反対する立場のはずの野党も自分たちの地位の安定に一所懸命で、与党が何をしたって真剣に止める気なんてありゃしない。
そうだ、僕もトラック運転手を辞めて政治家になろう。そのためにも、トラック運転手の仕事でたっぷり稼ごう選挙ってのはお金がたっぷりかかるらしいから。

-トラックドライバー
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.