ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手 体験談

タクシー運転手になるのは難しい

更新日:

いろいろな難関

タクシー運転手のことを「他の仕事ができなかったクズが就く底辺職」だなんて思ったら大間違いです。タクシー会社の求人は多くの人に門戸を開いていますが、タクシー運転手になるにはいろいろな難関をくぐらなければいけません。
まず、第二種運転免許の取得があります。ですが、実は第二種運転免許の取得はそれほど難しくはありません。もちろん、簡単ではありませんが、きちんと勉強すれば誰でも取得できます。
また、タクシー運転手は、単にタクシーを運転するだけではなく、道に迷わずにお客さんを運び、精算作業なども素早く行わなければいけません。
これも社内研修で学びます。道に迷ったりしないよう、地理も学びます。地理の試験もあります。地図で見るのと、実際に道を走るのとでは結構違った印象なので、地理を覚えるのはかなり難しいです。
もちろん、接客もとても難しいです。車外の道路状況だけではなく、常に車内のお客さんのことを気にかけ、快適に過ごしてもらうことに喜びを感じるくらいではないと、なかなかタクシー運転手の接客はできません。
それほどタクシーでの接客は難しいのです。

いろいろな言い方

たとえば、同じ行き先を言うのでも、お客さんによって言い方が違ったりします。
行き先が駅前のデパートだったとします。この場合、スッとデパートの名前を言ってくれればすぐに分かるのですが、お客さんによっては「〇〇駅前へ」とか、ランドマークのほうを言ってくることもあります。
または「〇〇通りをまっすぐ行って」と、行き方だけを言う場合もあります。
他にも「〇〇交差点へ」とかだったり、そのデパートの愛称を言うこともあります。
そうした、お客さんごとのバラバラな言い方でも、すぐに「〇〇デパート」のことだと察して「〇〇デパートでよろしいでしょうか」と答えられないと、それだけ時間にロスが出ます。
そして、お客さんは何よりも時間のロスを嫌がります。
もちろん、タクシー運転手になってすぐに臨機応変に対応できるようになるわけではありません。でも努力しないと、いつまでも一人前のタクシー運転手にはなれません。

-タクシー運転手, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.