ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

疲れていませんか?

更新日:

過酷?

トラック運転手の仕事は「拘束時間が長くて過酷」と言われがちです。
私は長年トラック運転手をしていますが、長年やっているくらいなので「もう耐えられない」と思うほど過酷だと思ったことはありません。
いえ、もちろん転職を考えたことはあります。しかしそれは「嫁の転勤」とか「親の介護」とか、自分の仕事以外に原因があってのことです。
一方、ニュースやワイドショーなんかで、ネットで誰かへの誹謗中傷を拡散した、とか、あおり運転で捕まったなんて話題を見聞きすると、そういう行動に出てしまう人って、ものすごいストレスにさらされて生きているんだろうなあ、と思ってしまいます。町中で時折、キレてる人を見ますけど、あれもやはり日ごろ、すごいストレスを感じながら生きているんだろうと推測できます。
一方、トラック運転手の私は、あまり仕事でストレスをためたことがありません。トラック運転手の仕事は「1人が基本」で、実際、「気ままな職業」だと思います。

幸運?

そりゃ、時間には厳しいし、安全運転に常に集中しなきゃいけないので疲れます。私生活でも「嫁の転勤」や「親の介護」のこともあり、不安は尽きません。
それでも、あまりのストレスにキレたり、ネットで他人への悪口を拡散しようとまではなりません。
ニュースやワイドショーなんかを見ると、そうやって他人を攻撃することでストレスを発散させている人に限って、高収入だったり、社会的地位があったりします。ネットで「底辺職」だなんて書かれる、私らトラック運転手とは違います。一体、どっちが「底辺」なんでしょうねえ。
とは言え、トラック運転手の中にも危険運転したり、マナー違反をやらかすがいます。私は、そんな行動に思わず出てしまいたくなるようなブラックな労働環境ではなく、ホワイトな労働環境で働ける自分の幸運に感謝すべきなのかもしれません。

-トラックドライバー, 体験談
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.