ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

ガラスの迷路の中の赤い猫

更新日:

独身生活を謳歌

俺は40歳だが独身のトラックドライバー
独身だけど、猫を飼っているので寂しくはない
この猫は3年くらい前から飼い始めた。名前は、考えるのが面倒だったので「ネコ」
友人知人は「猫なんか飼い始めると、ますます結婚から遠のくよ」と俺をからかった。だけど、ペットショップで「ネコ」にひと目惚れしちまったから仕方ない。
俺はトラックドライバーだが、仕事は割りと近場への配送なので、毎日必ず家に帰れる。だから「何日もネコに会えなくて寂しい」ということはないのだ。

自由だから

とは言え、本当は職場にも連れて来たい。俺のように「職場に猫を連れて来たい」、つまり「愛猫といっときも離れたくない」と思っている人は多いのじゃないだろうか。
職場とは、俺の場合はトラックだ。
トラックドライバーの仕事は1人が基本。横には上司も同僚もいない。それだけ自由度は高い仕事だと言える。
とは言え、さすがに猫は一緒に乗せられない。猫はトラックドライバー以上に自由だから、車内に尿の臭いなんかも残ってしまうかもしれない。
第一、車内はいつも道路などの騒音がいっぱいだし、振動もある。恐らく猫にストレスがたまるだろう。そんなのはガラスの迷路に猫を閉じ込めるようなもの。
そんなわけで、俺は今日も仕事が終わって帰宅し「ネコ」と再会できるのを楽しみに、仕事に精を出す。

-トラックドライバー, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.