ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

女性トラックドライバーの喜び

投稿日:

女性なりゃこそ

トラックドライバーの人手不足に歯止めがかからず、行政の旗振りで女性トラックドライバーを増やそうという試みが始まって数年経ちます。トラックドライバーを雇う会社でも、女性が働きやすい環境を整備し、女性トラックドライバーを積極的に雇おうとするところも増えてきました。
実際、男性だから女性だからという理由で、その職業に適しているかどうかということはありません。あるのは個人差で、トラックドライバーに向いている女性もいれば、向いていない男性もいるわけです。
ただ、やはりこれまで長~い間「男社会」だった業界なので、適性があるからと言って飛び込んだ女性が全く苦労しないわけではありません。「女性」だからということでの苦労もあったりします。
逆に「女性」だからという楽しみ、喜びもあるかもしれません。

ヒントにピンと

女性トラックドライバーは、トラックドライバー全体からするとまだまだ少数です。だからこそ、会社に女性用更衣室などの女性用設備が新設されたり、同僚に女性トラックドライバーが増えたりするだけでも大きな喜びになります。
職場での喜びは仕事のやりがいにもなります。
くどいようですが、基本的には、トラックドライバーという仕事に男性だから、女性だからはありません。あるのは、その人それぞれの能力だったり、モチベーションです。
つまり、男性でも女性でも、それ以外の人でも、あらゆる人が「働きやすい環境」であるのが理想です。これをなぜかカタカナを使って「ダイバーシティ」なんて言ったりしていますが、そんなことを行政が広めている一方で、日本人は「同調圧力」がすさまじいので、もう何が何やらです。
案外、そんな日本社会のヘンなところをあぶりだすことに、トラックドライバーの人手不足問題を解決するヒントがあるかもしれないのですが。

-トラックドライバー, 物流業界
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.