ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

トラックにカップ麺を常備する男

更新日:

ながらは無理

トラック運転手という仕事は世間から相当「過酷」と思われているらしく、私も自分の職業がトラック運転手だと言うと「トラックを運転しながらカップ麺ばかり食べているの?」なんて聞かれることがある。
そんなわけはない。まず無理。
ハンドルを握っているからには、片手でカップを持つことになる。そうすると箸を持てない。よしんば、箸を使わず、カップでコーヒーなどを飲む要領で麺をすするとしても、イライラするのがオチだろう。
もっとも、安全運転厳守の仕事なので、運転しながらの飲食なんてしない。せいぜい、カップホルダーに缶コーヒーを置いておき、信号などで停車するときに飲むくらいだ。
ただ、カップ麺は好きなのでよく食べる。勤務日でも、お湯さえあればどこでも食べられるので重宝している。例えば、コンビニの駐車場にトラックを停め、コンビニでカップ麺を買ってお湯だけ入れさせてもらって食べる。
健康管理が大切なトラック運転手としては、食事がカップ麺ばかりに偏らないよう気をつけてはいるけれど。

安い男

あるカップ麺にハマって、カップ麺を食べるときはそればかりという、いわゆるマイブームが起きることもある。ただ、こうなると、そのカップ麺を売っていないコンビニもあったりして、手に入れられないとなるとプチパニックだ。
そんなことがあって、よほど好きなカップ麺は仕事をするとき、常にトラックに持ち込むようになった。ついでに湯沸かし器も。
人は私を「安上りな男」と言うが、なぜかステーキだのしゃぶしゃぶだの、高価な食事より、好きなカップ麺を食べているときに何よりも幸せを感じてしまう。
生きていて良かった。そしてこの仕事をしていて良かった、と思える。
くどいようだけど、カップ麺ばかりに偏らないように心掛けている。だからこそようやく食べれるときの喜びも大きい。
‥もしかして食は偏っているかも。

-トラックドライバー
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.