ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

トラック運転手になるなら注意すべきポイント

更新日:

後悔したくない人は

世の中にトラック運転手になりたい人はたくさんいると思います。
そりゃそうでしょう。平均年収は約350~486万円で、最大年収は約650万円「やればやっただけ稼げる仕事」であり、基本的に仕事中は1人なので人間関係によるストレスもなく、物流を支えて人々の生活に役立つ、社会貢献度の高い、とても素晴らしい仕事なのですから。
そんなトラック運転手ですが、なぜか人手不足状態が続いています。しかし、そのためかえって求人はいつでも出ていて、トラック運転手として働こうと思うとき、就職先はたくさんあるという状況になっています。
とは言え、やはりどこでもいいというわけではありません。トラック運転手に限ったことではありませんが、会社選びは慎重にしなければ、とても後悔することにもなりかねません。

先を読む

会社選びのポイントはいろいろあります。
まずは仕事内容です。トラックでの仕事にもいろいろな種類があります。トラック運転手の仕事にはメリットもデメリットもありますが、人によって何をメリットと感じ、何をデメリットと思うかは違います。
毎日同じ作業を繰り返すのは耐えられないという人は、ルート配送の仕事は向いていません。逆に、毎日同じ作業のほうが気が楽という人にはおススメです。
もちろん、福利厚生などの労働条件も大事です。しかし、案外見過ごしがちなのが、会社の経営状況です。入社したとたん倒産してしまったら何にもなりませんからね。
そういったポイントをしっかり押さえて、きちんと会社を選びましょう。

-トラックドライバー, 物流業界
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.