ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

音楽好きはトラック運転手になろう

更新日:

孤立

トラック運転手は基本的に1人で仕事をします。オフィスで働くビジネスマンのように、近くに同僚がいるなんてことはありません。
昨今、リモートワークなどと言って、自宅で仕事をする勤務形態が広まったりもしましたが、周囲に同僚がいないことで「孤立感」に陥るなんて記事も目にしました。周囲に同僚がいないくらいでの孤立感に耐えられない人は、トラック運転手に向きません。
トラック運転手には周囲に同僚がいないことで実感できる「良い面」があります。それは「自由」です。
オフィスで働くビジネスマンには、この自由がありません。勤務時間中に好きな音楽を聞くことも許されません。
一方、トラック運転手はトラックを運転しながら好きな音楽を聞くのも自由です。音楽を聞きながら歌だって歌えます。

先駆者

リモートワークで自宅にいる人も音楽を聞きながら仕事をしている人がいるかもしれません。トラック運転手は、そんな働き方の先駆者なのです。
とは言え、やはり安全運転が第一です。眠気を催すような曲や、運転に集中できなくなるような選曲は避けたほうがいいでしょう。
具体的にどんな曲が眠気を催し、どんな曲が運転の妨げになるかは個人差があるはずです。
一般的には、静かなバロック音楽や、日本の純邦楽は、よく知らない人には眠気をもたらすかもしれません。しかし、長距離の仕事で時間もたくさんあるトラック運転手なら、ときには気分転換でゆったりした曲を聞くのも良いでしょう。
今はスマホがあれば、どこでもいつでも好きな音楽を聞くことができます。仕事中でもずっと好きな音楽を聞いていたい人は、トラック運転手に転職すると良いでしょう。

-トラックドライバー
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.